通信制高校のデメリットとはどんなことがあるでしょう

生徒の様々な事情を受け止めて学習の機会を提供する

生徒の様々な事情を受け止めて学習の機会を提供する生徒が自発的に受講しなければ成果は上がらない進捗を生徒自身が管理していかなければならない

通信制高校とは、主に自宅などで学習し、レポートやスクーリングによる試験を経て卒業に必要な単位を取得し卒業を目指す、という高等学校の教育システムです。
以前はテキスト、ビデオなどのツールを活用していましたが、現在ではインターネットやアプリを通じてリアルタイムに授業を受けたり、担当の教員とやり取りができるなど、様々なスタイルがふえています。
いじめなどによって集団になじめず高校に通い続けるのがつらくなった人や、やりたいことがあって全日制に通うのが難しい場合、また、過去に中退してしまった、仕事をしながらでも高校卒業の資格が欲しい、という人など、受講の理由は様々ですが、そういった生徒の様々な事情を受け止めて学習の機会を提供するという意味では非常に有意義なシステムです。
しかし、その通信制高校でもいくつかのデメリットがあります。
まず、その学校のシステム上、そのほとんどは大きな校舎を持っていません。
生徒が一堂に会して講義を受けたり行事を楽しむということが角いn少ないのです。
前述のインターネット授業では講師や複数の生徒がチャットなどのツールで講義をうけながら会話をすることもできますが、基本的には勉強は生徒が個々に自分のペースで行っており、学級活動といったものがありません。

通信制高校 : 大阪府教育センター